つばめと一緒に

5月の上旬に実家に行きました。
のどかで、住宅も多いが緑も多い、古い町並みの中にあります。

こちらには毎年ツバメが戻ってきて、家の中の土間にせっせと
巣をつくり、子育てをしては巣立ち・・・を何十年間と繰り返しています。

夜が明け、玄関を開けると親ツバメが元気よく外へ飛び出し飛び回り、
餌をくわえて戻ってくる度、ひな達が大合唱。

そして、日も沈み親たちも家の中に戻ってきてお気に入りの止まり木
で休み始めると、玄関の扉を閉める。

巣立つまでは昼間玄関を閉められないので、留守にもできません。
まさに、夜明けから日没までツバメと一緒の暮らしです。

土間と居間はつながっているので、のんびりくつろいでいると
横ではひな達の大合唱。
家の中を歩いているとすぐ横を親鳥がマッハのスピード?で飛びぬけ
びっくりします。

tsubame1
ごはん頂戴と大きな口を開けているひな達と、親ツバメ。

tsubame2
親ツバメが手前の子の口の中に餌を押し込んでいます。

今頃、このひな達は土間の止まり木やらいろいろをを使って飛ぶ練習を始めた頃でしょうか。

日常生活にはあり得ない、ツバメとの共存の一日でした。

Y.M

Filed under: 未分類 — admin 1:50 PM
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031